FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丑に引かれてなんとやら 〜長野旅その2〜
朝、シャワーを浴びてから宿を後にする。
まずは朝ごはん、駅前に行って喫茶店でもと、思ったらこんなん発見。


立ち飲み屋だけどモーニングやってるみたい…。
入ってみたら完全に飲み屋だったけど。

朝定食が出てきました(*^^*)
隣でまだビール飲んでたおじさんに絡まれながらの朝ごはん(笑)

食べ終わったら向かうのは善光寺。
せっかく長野に来たんだしね♪ちょうど、7年に一度のご開帳だったのですごい人だった。


一生に一度かもしれないので、真剣にお参りしてきました。
そのあと、ながでんに乗って向かったのは小布施。
栗の町として有名ですね。

早速、傘風楼で栗のアイス。ごろごろ入ったマロンが贅沢だわぁ( ´ ▽ ` )


北斎館を鑑賞して。

富嶽三十六景しか知らなかったけど、江戸の風習や働く人々を描いたものが多くて、見ていて楽しい(≧∇≦)

歩き回ったらお腹が空くので、またまた栗を。

栗の木テラスのモンブラン♪
合わせた紅茶もすごく美味しかったなぁ。

ぷらりぷらりと小布施の町並みを楽しみながら。


やっぱり飲兵衛ならではの場所へ。


松葉屋さん。北信流というお酒を醸してる酒造さんです。
少し蔵を見学させてもらったり。
試飲させてもらったり。

真ん中のが気に入ったので購入。

さて、またお腹が空いてきました(笑)
ランチは、こちら〜。

手打百藝の十割蕎麦。
香りがすごく強いです。十割なんだけど喉越しもいい!!
しっかり堪能して小布施を後にしました。

長野駅まで戻ってきて、帰りのバスの時間まで1時間。
ちょうどいいところが駅ナカにありました。


有料試飲( ^ω^ )おつまみは馬肉のハムだそうで。

しっかり長野を楽しんで、高速バスに乗り東京へ帰ります。
次はどこへ行こうかなぁ。

↓ブログランキングに参加しています。
↓押してもらえると励みになります!
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

天下一の桜 〜長野旅その1〜
先日、ふらりと一人旅に行ってきました(*^^*)
年に何度か国内一人旅に行くのですが、今回は長野へ。
早朝に部屋を出て高速バスに乗り、伊那市駅で路線バスに乗り換えてやってきたのは高遠。



タカトオコヒガンザクラという、ソメイヨシノよりも小ぶりで赤みの強い品種の桜です。



すごく綺麗だったんだけど、お祭りのような屋台とどんどんやってくる観光ツアーのバス。さらに園内放送で流れるアナウンスに、一人ゆっくり桜を愛でる感じではなく…。写真を撮って早々に離れることに。
とはいえ次のバスは一時間以上先。
どうしようかなと思ってたところに、目に飛び込んできたのが。



杉玉のある店先。
お、酒屋さんかな。ってことで覗いてみると試飲できますよー、どうぞー。と声をかけられました。



黒松仙醸という銘柄を造っている、造り酒屋だそうです。何種類か飲み比べてると、「おねーさん、いける口だね!どんどん試してってよ」と、次々についでくれるお店のおじさん。



結局15〜16種類、梅酒や甘酒も含めて全部飲みました。好みのものもあったので、純米吟醸とどぶろくを購入。

丁度良い時間になったのでバス停に向かい、駅に戻り電車に乗り換えて松本で松本城を見て。



烏城かっこいいなぁ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

さらに電車で長野駅へ。
今日の宿に向かいます。




1泊2500円。素泊り相部屋。
一人旅の時は基本、こんな感じです。シャワーが浴びれて安全、清潔ならそれでよし。

荷物を置いたら、街に繰り出します。
以前に、新宿で飲んでた時にお会いしたことのある方の働くお店へ。



べじた坊、というお店です。
まだ18時なので、一番乗り。カウンターの隅に座ります。



最初は長野のお酒、夜明け前。
柔らかな甘みとすっきりした後口。キレる感じはあまりないのですが、一杯目にぴったりです。



お通しは山菜の卵とじ。春ですねぇ(^_^)
写真がうまく撮れなかったのですが、この後山菜の天ぷらもいただきました。



二杯目は佐久の花と亀の海のブレンド酒。
同じ銘柄のお酒の造り違いをブレンドするという話は聞きますが、別の酒造のお酒をブレンドしたという珍しいもの。
二つの蔵は近いそうなので、仕込み水が同じなんでしょうか。美味しかったです。



これ、美味しいから!とサービスしてもらったせきぜんの大吟醸。



これもサービスしてもらいました。
長野では今、若手の杜氏さんが横のつながりを深めていて、一緒にイベントをやったり、同じ酒米と精米歩合で各蔵造ったものを飲み比べてみたり。

他にも何種類か飲んだのですが、写真が見つからない…。だいぶいい気分になって、混んできたお店を後にしました。



旅先ならではのお楽しみ。普段は行かない〆のラーメン。



蕪村ラーメン。鶏白湯と煮干系の合わせスープ。
美味しくいただきまして宿に戻り、あっという間に眠りにつきました。

↓ブログランキングに参加しています。
↓押してもらえると励みになります!
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ほっこりする空間 〜煮込みや まる。〜
昼間は夏のような日差しですが、夜になると爽やかな風が吹きますね。
昼間は今日こそ休肝日と思うのですが、夜になると軽やかに飲み屋へ繰り出すトッコです。

駅前の雑踏から商店街へ入り、路地を一本入ったところに、ふわりと灯りが見えます。
煮込みや まる。が今夜の行き先です(*^^*)

波板ガラスの向こうに、力強い梁と時を刻んだ柱。湯気の上がるカウンターの奥には、羽織姿の女将が微笑んでます。

一杯目は澤姫。日本酒メニューに味わいの解説のあるお店は多いですが、ここは女優さんのお名前が。
味わいからイメージして書いているそうです。

澤姫は、松たか子さんだそうです。


アテはサラダの2種盛り合わせを。

ポテトサラダとマカロニサラダ。酒飲み心をよくわかっていらっしゃる。

あっという間に2杯目へ。

杉勇。江角マキコさんだそうです。

店名に「煮込みや」とあるくらいですから、煮込みを食べましょう。
3種類ありましたが、今日は肉豆腐を。


ネギと七味はこんな感じで出てきます。


本当にほっこりする空間。

向かいに座っていた方が帰ったので撮れました。既に待ってる人がいたので片付け中に撮影(笑)

次は独楽蔵。

お燗にしました。女優さん、誰だっけなぁ。
アテにお漬物のクリームチーズ和え。


お酒、進みますね。

最後に秋鹿の奥鹿。写真忘れましたが。
樹木希林さんだそうです。

…なんかすごくわかる(笑)

フワフワ、まぁるい気持ちで、落ち着きたくなるお店でした。


↓ブログランキングに参加しています。
↓押してもらえると励みになります!
にほんブログ村 酒ブログへ

素敵なこだわり 〜天☆(てんせい)〜
丸ノ内線の東高円寺駅を降り、蚕糸の森公園を左手にまっすぐ歩き、環七の高架下を渡って少し行ったところにそのお店はありました。

天☆(てんせい)。店主の早坂さんには、4年ほど前にイベントでお会いしたときにショップカードを頂いてたのですが、なかなか行けなくて今回が初訪です。

簡素な作りのお店ですが、カウンターの前には各酒造さんのサインがぎっちりと。サインというか、コメント?寄書き?蔵との付き合いの良さを感じさせます。
メニューを見るとこれまた日本酒好きにはたまらない(*^^*)お燗にも向くお酒にはマークがついています。

一杯目は福無量。飲んだことない銘柄にしました。


お酒と合わせて出してもらったのは。


お通しの香味野菜のサラダ。そして一升瓶に入ったチェイサー。お酒を美味しく飲むためにお水もたくさん飲んで下さいということです。飲む人に対しても、蔵人に対しても丁寧に向き合っているんですね。

アテはそら豆をお願いしました。アツアツを剥きながらいただきます。この時期のはまだ皮ごと食べることもできると聞いたので、ひとつ食べてみました。柔らかくてびっくりでした。



次のお酒は結人。

「オリ多め」の文字が光ります。濁りなのですが飲みやすくて、ついつい進みますね。

次はメニューを見て1番気になっていたやつを頼みました。



レバーパテ。バゲットにレバーパテ、季節のフルーツとディルが乗っています。
日本酒に合うように、醤油などを使ってるんだとか。あっさりとレシピを説明してくださいました(笑)酔っ払ってて覚えられなかったけど、すごく手間がかかってることはわかりました。
濃厚な味わいには、負けない日本酒を。





七重…?読めないお酒と、龍力。だいぶいい気分になってきました。
最後にしっかりと。



〆ではなくおつまみを。モツ煮込み。
さっぱり塩味で、コラーゲンのぷるぷるがものすごく堪能できます!



最後の一杯は文左衛門の冬の熟成酒。お燗をつけていただきました。
ちびりちびりと頂いて、葉桜の並木道を帰路についたのでした。

↓ブログランキングに参加しています。
↓押してもらえると励みになります!
にほんブログ村 酒ブログへ

花見酒 〜飲んべえ重〜
雨で桜が散り始めましたね。
満開から桜吹雪までの時間の短さに、毎年少し焦ります、トッコです。

今日は飲んべえ仲間とのお花見でした🌸
お酒は友人が用意してくれるというので、私はお花見弁当を。

お花見弁当といえば、ちらし寿司?お稲荷さん?唐揚げ?卵焼き?
定番もいいですが、打ち合わせをしないと誰かと被ってしまうかもしれません。
そして、仲間内で私に求められてる役割は、酒のアテ!たぶん、十中八九そのはずです。

期待に応えるべく、せっせと仕込みましたよ!
じゃーん!!



飲んべえ仕様のお弁当です。
一の重はしっかり系おつまみ。

ローストビーフ、シャケの南蛮漬け、棒棒鶏サラダ、きのこの明太しそ和え。
冷めて味が馴染んだ方が美味しくなりそうなものを選びました。

二の重はさっぱり系おつまみ。



柚子大根、蕪の甘酢漬け、こんにゃく煮。
こんにゃくの煮汁で椎茸と人参も煮て彩りを加えます。

三の重は甘味。


定番の桜餅。
これは私ではなく彼氏の作。自分は参加しないお花見のためにせっせと作ってくれました。
女子力負けてる…?

そして、おまけのイカの塩辛。



日本酒好きの定番ですよね。

雨の中のお花見でしたが、あまり混んでない公園で仲間たちと桜を見上げて、楽しい時間でした。




来年もできたらいいな。
次こそは晴れたらいいな(*^^*)

↓ブログランキングに参加しています。
↓押してもらえると励みになります!
にほんブログ村 酒ブログへ


四月馬鹿 〜バランエール〜
春本番!と思ったらまた寒くなりましたね。コートをクリーニングに出すタイミングが分からないトッコです。

先日のエイプリルフール、いろんな会社のサイトが、特別仕様になっていましたね。もはや、お祭りというかイベントのようになってきた4月1日。
神奈川にあるビールの醸造所、サンクトガーレンは毎年エイプリルフール限定ビールが出ます。
4月1日のみの販売で、売り切れ次第終了。そのビールの紹介文の中に嘘が混ぜてあります。ラベルもなんだか冗談のような…。
毎年笑って見てたのですが、今年は帰宅した彼が一言、「明後日届くから」!

そんなわけで届いた「バランエール」


わさび風味のビールだそうです。
恐る恐る飲んでみると、あれ?美味しい!
クリアな飲み口の後にふわりと山葵の香りがして、後味はすぅーっと切れていきます。ツーンとした辛さはありません。

合わせたのは和風おつまみ色々と。


まぐろの酒粕漬けをフライパンで蒸し焼きにしたものに、どっさりとネギをのせて。


上と同じ粕漬けをこちらはグリルで焼いたもの。
パリパリとした香ばしさを楽しみます。


鶏皮ポン酢和え。


長芋の梅しそ和え。


柚子大根と、


蒟蒻煮。


蕪の葉の佃煮。
みじん切りにした蕪の葉を胡麻油で炒めて、醤油みりん酒で味付けし、最後に白ごまをたっぷりと。
ふりかけのようにも使えます(*^^*)

バランエールと相性が1番良かったのは、まぐろの酒粕漬けをグリルで焼いた方、でした!
冗談みたいなビールを飲みながら、これからもずっと冗談を言い合える関係でいたいねと話した夜でした(//∇//)

↓ブログランキングに参加しています。
↓押してもらえると励みになります!
にほんブログ村 酒ブログへ

Copyright © 今酔も一献 ~日々のおつまみと酒~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。